第4回ハロプロ楽曲大賞2005

http://www.k2.dion.ne.jp/~prse/hpma/2005/

総括

実は楽曲部門に関しては、即座に頭に浮かんだ曲が6曲ほどありました。


で、さらにiTunesで、楽曲大賞の条件に合うようなスマートプレイリストを作成し、再生回数順に表示させたのが以下の画像です。



しかし、結局参考にしませんでした(^_^;)。


PV部門に関しても、一応参考の為に改めて何本か見てみたのですが、ちょっとした修正はあるものの、結局は最初に頭に浮かんだものを選択しました。
というか、シングルVとかって、実はあまり買っていなかったりするのですが。


推しメン部門に関しては、一人しか選べないのですから、当然あの方しかいないというわけです。


ではでは、私の投票内容を以下に公表します。

楽曲部門

大阪 恋の歌/モーニング娘。/3点


歌謡曲+デジタルレゲエ。
シャ乱Q的でつんく♂氏自身が歌ってみたくなるのもよく判ります。


そして、その曲を愛ちゃんとミキティを中心にメンバーは見事に歌いこなして、非常にかっこ良い曲になったと思います。
まさにモーニング娘。ならではです。


声/モーニング娘。/3点


この曲を入れたのは、実もふたもないことを言うと、私がガキさん推しだからということもあります。
しかし、この曲は恋愛における愛しさと切なさがごちゃ混ぜになっている気持ちをよく表している曲だと思うのです。


印象派 ルノアールのように/エレジーズ/2点


サビのしりとり的な言葉の畳み掛けがグルーヴを生み出していて、かっこ良い。
その前までの詞の拙さを補って有り余るぐらいのインパクトだと思います。


夢ならば/安倍なつみ/1点


まずイントロから全般に渡ってコーラスが印象深いです。
流石はあっちゃん。


そして歌ですが、なっちにはこのようにしっとりした曲が似合っていると思います。


肉体は正直なEROS/メロン記念日/1点


何だか巷では独特の振りばかりが話題になっていたようですけど、純粋にこの曲ってかっこいいと思うんですけどね。

PV部門

THE マンパワー!!!(Another Edition)/モーニング娘。/4点


振り付けからしてシュールなのに、このPVの設定もかなりシュール。
そしてユニークでもあります。
下手すりゃギャグになりかねない、ギリギリのパランス加減が良いです。


本来のPVもシンプルで良いとは思うのですが、よりシュール風味が増していると思うので、こちらの方にしました。


印象派 ルノアールのように/エレジーズ/1.5点


そもそも、れいなのようなミドルティーンが踊るには少々セクシー過ぎる振りだと思うのですが(当のれいなはサラッと踊っていますけど)、私はこの振りが好きで、その振りを堪能できるこのPVが好きです。


PVとしても、シンプルながら、セクシー要素を振りまきつつも、かっこいい物になっていると思います。


大阪 恋の歌/モーニング娘。/0.5点


シンプルながらもかっこ良いPV。
陽炎のようなシルエットが印象的です。

推しメン部門

新垣里沙