ハロプロ楽曲大賞2017

田中理恵「ココロ」の感想

「ココロ」(アルバム)限定版

「ココロ」(アルバム)限定版


田中理恵さんは個人的には日曜日にやっていた東京キャラクターショーラジオ(有楽町アニメタウン)のパーソナリティーとして知った声優さんです。
あまりアニメを見ない私ですが、番組での吉田アナとの掛け合いが面白かったです。


そんな田中理恵さんが写真集を出した上、その次の年には写真集の第2弾と新作アルバムを出すというじゃないですか。


ということで、アマゾンで予約して購入したのがこの「ココロ」だったのです。


第1印象。
しっとりした中性的な曲が多いなあと思いました。
あまり女性性を押し出していないというか。
まあ最近のJポップではシンガーが女性でも相手を「君」、自分を「僕」と歌ったりするので、一般的な傾向なのかもしれませんけど、肉体的な性別を超えたたものを歌っているから「ココロ」というタイトルになったのかもしれませんね。


サラッと聴けるのも良いです。
曲構成が良いのもありますが、実は全曲で45分という昔のLP並の再生時間になっているからなのです。
潔い構成だと思います。


曲は嫌いな曲が無いというか、捨て曲が見当たらないというか。
名曲がいくつもあると思うのですが、代表曲はやはり「ココロ」。
タイトル曲でもあるこの曲は、実は田中理恵さんの作詞によるものです。


田中理恵さんの声質は細めだけど、可憐な感じが曲にあっていて好感が持てました。
暫くはドライブのお供の曲になりそうです。


以下は余談。

田中理恵さんのアルバムに田中理恵さんのiJockeyのナレーションを挟むのも面白いかも。
なお、田中理恵さんのiJockeyは以下のURLからiTunesで有料ダウンロードできます。


http://itunes.apple.com/jp/album/id278895371


※当文書は江戸十七@のtweetを再構成し、加筆・修正したものです。