ハロプロ楽曲大賞2017

決定!ハロプロアワード'09

どうも、皆様明けましておめでとうございます(笑)


さて、今年一発目のハロプロ活動は1/11(日)中野サンプラザでのエルダコンでした。
例によってワンダフルハーツは外れてしまったので行けなかったのだが、あまりダメージは無かったというか。
最近、曲調のせいかもしれないが、℃-uteとかBerryz工房の曲が楽しめなくなってきているようで、どうもワンダコンが面白いと思えなくなってきているのです。


それはともかくこの日のエルダコンであるが、昔のユニットが不完全ながらも復活し、ハロプロ全員が集結するハロプロアワードを十分に期待させるものでした。


そして、今日のハロプロアワード'09(昼の部)はまさに期待に応える内容でした。


例えば、タンポポの「たんぽぽ」。
歴代のメンバーがほぼ全員*1が集結しての歌唱には胸が熱くなった。


同様にモーニング娘。さくら組おとめ組の復活とかもあって、感慨深かった。
いずれのユニットもエルダーのメンバーが卒業して個別の活動を始めてしまってははもう二度と見ることが出来ないわけで惜しかったです。


特にモーニング娘。はオリジナルメンバーによるモーニングコーヒーや、私の勘違いでなければ当時のメンバーだけによる「ここにいるぜぇ!」とかもあって良かったなあ。


その他のユニットで注目したのは、しゅごキャラエッグとか。
子供過ぎて今ひとつだったんですが、緑の衣装の娘のロリロリ度がちょっと異常(笑)。ちっこい上に白のニーソックスですよ!
法律的に問題はないのかしら。


そして飯田圭織
運動能力が落ちましたね(^_^;)
回廊ステージをヘラヘラしながら走る彼女を見て確信しましたわ。


中澤裕子
いつもの気合いが入っている彼女とは違って、既に昼の部から何か泣きそうな感じでした。


まあ、そんなこんなである種ハロプロ10年の集大成のようなコンサートで、いつまでもアイドルに留まっておくことはできないとはいえ、返す返すも層が薄くなってしまうのが残念に思えるほどのコンサートでした。


ハロプロの今後に栄光あれ!

*1:石黒がいない