ハロプロ楽曲大賞2017

偽善雑誌「週刊現代」を糾弾する

さて、先週の記事を読んで衝撃を受けた私でしたが、まあ既に済んだことだから敢えて触れないでおこうと思っていたら、また今週も記事になっていました。
しかも実名、写真のモザイクも取ってあったのです。


先週の週刊現代では匿名、しかも写真にはモザイク処理がしてあったので、私はてっきり事務所と話し合いが持たれ、その苦しい妥協の結果が反映されているのだと思っていました。
彼女はまだ10代だし、なんら犯罪を行ったわけではないからです。


じゃなければ説明がつかないじゃないですか?
だってあの記事はモーニング娘。のファンならば誰でもえりりんこと亀井絵里だとハッキリ判る物だったからです。


でも、そうではなかったようです。
匿名もモザイクも続けなければ全く意味がありません。


ファンの間から「捏造説」が出たから?
しかし、そんな反応は当然予測できる範囲のもので、だったら最初から明らかにすればよかったのです。


要するに最初から2週に渡って記事にしたかったのでしょうね。
余程取材にお金がかかったのでしょう*1


それにしても。
元カレは最低の男です。
金で彼女を売り飛ばし、結果的に彼女とモー娘。のファンを侮辱しているんですから。
今後、彼の人生にはロクなことが起きないでしょうし、そうなることを私は望みます(因果応報的な意味で*2)。


それと。
今週の週刊現代は買わないでください。
立ち読みで済ますか、さもなければネット上でホニャララされた記事をホニャララしてください。
いや著作権を犯すことはいけないことですが、あくまでも抗議の意味を込めて。

*1:もちろん皮肉で

*2:人や世間に対して良いことをすれば巡り巡って良いことが戻ってきて、悪いことをすれば巡り巡って悪いことが戻ってくるという仏教の考え方