モーニング娘。回顧2005

出処進退

最大の話題は、やっぱりまりっぺこと矢口真里の脱退ということになってしまうでしょう。


その前にはかおりん梨華ちゃんの卒業も全くすっ飛んでしまったという感じがします。
残念ながら。


今にして思えば、あれだけおおっぴらに付き合っていれば、バレるのは時間の問題だったでしょう。
そういう付き合いを選択したということは、その時点でそれなりの覚悟をしていたと思われます。


だからこその脱退だし、事務所としても、それを条件に付き合いを認めざるを得なくなったというか・・・


その後の彼女のバラエティーでの活躍は皆様の知っての通りですが、まあこんな事もあってか、余計に張り切っているように見えます。
普通に卒業しても、彼女ならそれなりに活躍した筈だとは思うのですが。


久住小春新メンバー決定。


あちらこちらを見ていると、1月の7期メンバーオーディションがすっかり忘れ去れていますねえ(^_^;)
個人的には看護士(?)*1の白井さんが好きだったんですけど、もう彼女は芸能界とは縁を切ってしまったのでしょうか?


閑話休題。


まあ小春は選ばれる過程からして今までのものと違っているし、驚異の適応能力とソツの無さ*2からして「ミラクル」と呼ばれるのは無理がないし、相応しいのかもしれませんが・・・


しかし「ミラクル」というのはあくまでも「状況」であって、「キャラクター」ではないんですね。
何でもかんでも「ミラクル」から、そろそろ卒業してはどうでしょう?


などと11月ぐらいから考えていたのですが、昨今の小春はどうやら「(幼い)妹キャラ」というのを獲得しつつあるようで。


娘DOKYU!よっすぃーの告白によると、彼女の膝の上に乗って暴れるんだそうで、そこにミキティが介入。
ああきっとミキティよっすぃーに乗りたいんだなあ、などという感想はともかく、とにかく小春はよっすぃーのことをお姉ちゃんのように思っているんだそうだ。


まあ、現状の娘。では確かに一番年下であるということもあるが、何しろついこないだまで小学生だったし、田舎の娘だったし、無理からぬことですな。


ここを拡大していけば、まず間違いなく「萌え」の燃料になると思うのですが、どうですか?アップフロントさん。

楽曲・映像

シングルとしては「大阪 恋の歌」。
アルバム「愛の第6感」の1曲としては「声」。
映像としてはPV「THE マンパワー!!!(Another Edition)」かも。


まあ、とにかく「THE マンパワー!!!(Another Edition)」はシュールでありながらも凝った映像だったなあと。
それに比べて(以下略)

MVP

そういうわけで矢口真里さん。
と言いたいところですが、既に娘。でないし、遠いところにいるし。


根本的には一体誰にとってのMVPかというと、つまりは私にとってのMVPであるから、当然エントリーする人は一人と言いたいところですが、さゆの近年稀に見るブリブリぶりには実はかなり惹かれるものがあった。


しかし、やっぱりあの人なのです。


そうです「ガキさん」こと「新垣里沙」。
私は彼女に打ち抜かれたのです。
ビームライフルで「ズキューン!」と。


場所は「松戸森のホール21」、8月21日のことでした。
詳しくはhttp://d.hatena.ne.jp/yaguchi_m/20050821/p1の「新垣里沙の日」を参照してください。


私は双眼鏡で彼女を追っていただけなのに彼女にレスを貰ったのです。
予想もしなかった反応に私は衝撃を受けると共に「いい人やわ〜」と思いました。


日頃スケブやボードでレス貰いに必死な人に批判的な私なんですけどね(^_^;)


それ以外にも彼女はバラエティー番組やコンサートでの活躍は目覚ましいものがあると思います。
よって彼女以外の何者でもない!

総括

シングルの売り上げが長期低迷と言われる昨今。
ハロプロの核であるんだから、そろそろシングルヒットが欲しいところです。


来年は本気でマジでどんな手法を使おうと何が何でも著しくヒット曲を出さないといけませんね。

*1:既に記憶が曖昧になっている

*2:苦悩の過程が公開されていないだけかもしれないが