どうでもいいかもしれない話

先日、仕事でとある家を訪問した時の事です。


家の中から、元気の良い歌が聞こえてきました。


歌っているのはどうやら子供らしいのですが、そのメロディに聞き覚えがあります。
次の歌の歌詞は・・・よく聞いてみると「ピロリン」とかと歌っています。


そうなんです。
最初の歌は「ハローのテーマ」、次の曲は「恋のテレホンGOAL」のなのでした。


仕事が終わって帰る時、窓が開いてちらっと見えたのですが、歌っていたのは小学校4、5年の女の子で、どうやらDVDを見ながら一緒に歌っていた様子。


もちろんDVDは



だったようです。


これらのことから、実はハロー!プロジェクトは小学生にまだまだ人気があるんです、と強引に結論づけることも可能ですが、それはしません(^_^;)


ただ、コンサート会場等では極めて僅少な存在である、小学生ファンの存在を市井で確認できたということが有意義でした。


一つ気になるのは3番目の曲である「THE マンパワー!!!」は歌っていなかったということですね。
まあ、丁度窓を開けている時だったということもあるかもしれませんけど。