ハロプロ楽曲大賞2015

海猿

本日、見てきました。


よく言われているようですが、「愛と青春の旅立ち」の海上保安庁版ともいえる筋立てでしたけど、内容はもちろんオリジナルです。


今から考えると「まあ、こうなるだろうな」という典型的な展開をしていたように思えますが、見ている最中は画面に飲まれていて、そんなことを考えられませんでした。


つまり、よく出来た隙がない映画だったと思います。
感動ポイントではしっかり感動できましたし。


しかし、エンドロール後のアレって蛇足じゃありませんか?
お陰で少し冷めちゃいました。
やり方にもよるかもしれないけど、余韻に浸る邪魔になります(^_^;)


それと、加藤あいさんが良いです。
髪の毛をダークブラウンに染めたようですけど、大変似合っています。
でもって、工口い。
いや、少々私的にセクシーに見えるシーンが多いということなんですけどね(^_^;)


でも、彼女を見直しましたよ。
思わず何か良いDVDがあったら、購入したいと思えるほどでした(^_^;)